種類豊富な屋根材

屋根材として多く使われているカラーベストはこれまで新築時から約8から10年で塗装が劣化していました。
しかし、近年のカラーベストは、色槌せなどによる変化がほとんどなく、耐久性も向上して品質の良い製品が出回るようになっています。
カラーベストが色槌せてきた場合は、塗装工事と葺き替え工事の2つの対処方法があります。
一般に葺き替えを行うよりも、塗装の方が安うと考える方が多いと思います。
しかし、10年目で塗装を行い30年目で葺き替えをしたケースよりも10年目に思い切って葺き替えをした方がトータルコストが安くなるケースもあります。
ご自宅の屋根でカラーベストを使用されている場合は、その品質について住宅メーカーなどに一度確認をするとよいでしょう。

また最近では、カラーベストだけでなく屋根材の種類がとても豊富になりました。
例えばガルバリウム鋼板に天然石チップを吹き付け、色あせの心配がなく雨音も軽減した製品が登場しています。
天然石の凹凸により滑雪しにくく塩害にも強いため、日本全国で施工可能な屋根材です。
このようにカラーベストに代わり屋根材として注目されているのが「ガルバリウム鋼板」です。

ガルバリウムは鉄にアルミ合金を混ぜて作った材料で、耐久性に優れ、カラーバリエーション豊富、デザイン性の高い外観をつくれるのが人気の理由となっています。
瓦屋根に比べて軽いため地震対策に適しており、メンテナンスも不要、低コストでできるという様々なメリットがあります。
しかし、耐久性は一定基準の厚さがあるガルバリウムを使用しないと劣るため、ガルバリウムでの葺き替え工事時には、どのくらいの厚みのものを使用するかを確かめてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です