瓦屋根

屋根のリフォームで最も重要なのは「素材」です。
その家にあとどのくらいの期間過ごされるのかにより、素材の選び方が変わってきます。

瓦屋根で作られた伝統的な日本家屋は、重厚な静けさがあり、その美しさから心をやさしく和ませてくれます。
近年では洋風の建物にも合うよう陶器平板瓦なども良く使われるようになりました。

瓦は一枚一枚重ねることで屋根を作っていきます。
高温で焼くことで硬さがあり、断熱性に優れ、他の屋根材に比べて吸水率が低いのが特長です。
瓦を重ねることで空気が自由に出入りでき、屋根裏にこもった熱気や湿気を追い出すことができます。
自然換気の役割を果たす瓦は、屋根全体にこもる空気を循環させてくれるのです。
音を吸収する性質もあるため激しい雨音も優しく受け止めます。
しかし、重量が重く、価格が高いというデメリットもあります。

瓦屋根の場合、建ててから10年目ほどで瓦を押さえているしっくいが劣化してきます。
20年目になると瓦がズレていたり、気象状況や瓦の焼き加減でひび割れが起こっていることが考えられますので、点検を行うとよいでしょう。

新築から25~30年目になると半分の割合で瓦自体が割れていることが多く、割れていると屋根の下地を腐られることがありますからこの時期の点検は必ず行いましょう。
30年以上経つと、瓦の質により瓦がスカスカになって瓦自体が水を吸い込んでいることもあります。専門家の瓦職人に診断してもらい、場合によっては瓦を葺き替えることをおすすめします。

長年住み慣れたお家を少しでも長く使い、快適に過ごすには、専門家による定期的な点検を行うこと、時にはリフォームをすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です