雨樋工事

雨樋工事は変形したり、割れてしまった雨樋を新しいものに交換します。
雨樋は、屋根の雨水を集め排水させる役割があります。
雨樋がないと屋根を伝ってきた雨水が直接、階下の屋根や地上に落ちることになり雨音がとても大きくなります。
音が気になるだけでなく、屋根に落下してきた雨の全てが軒や外壁を伝うことになるため汚れが目立つようになり、家そのものの劣化を早める原因にもなります。
もし壁や屋根にちょっとした隙間があれば、そこから雨水が家屋内部に浸入してくることもあり、雨樋は建物にとって重要な部分といえます。

日本は一年を通して雨や雪の降水がある国のため、雨樋の使用頻度と稼働率は高くなります。
台風による強風や積雪による重みなどで、雨樋が変形したり、外れてしまうとうまく雨水を排水できません。
そのほかに落ち葉や土埃で詰まってしまうことも考えられます。
うまく排水できない場合は浸水する場合もあります。
また雨樋を固定している金具の変形や破損によりうまく排水できないときもあります。

排水という重要な機能を担う雨樋の不具合は、家のダメージに繋がりますから、ゆがみや破損、ズレがないか、そして雨水がスムーズに流れているかを定期的に点検しましょう。
特に降雪の多い地域では、屋根の形状にもよりますが、雪の重みが全て雨樋にかかり、雨樋が変形し、破損するといった状況も多くみられます。
そうした場合は屋根の途中に雪止めを設置することで雪の重みを分散し、被害を少なくできます。
また落ち葉が雨樋の詰まりの原因になる場合は、既存の雨樋に落葉が侵入しないよう落葉除けネットを取り付けことも可能です。
雪止めの設置や落葉除けネットの取り付けは、雨樋を交換するときに同時に行うとよいでしょう。