防水工事

防水工事とは主にベランダやバルコニー、屋上などからの漏水を防ぐための工事です。

建物内部に水が浸入すると、木造では大事な柱や梁を腐食し、鉄骨では骨組みにサビを生じさせ、強度が弱くなります。
そして、木造や鉄骨など、どんなタイプの家でも内部に浸入した雨水は壁や天井を劣化させます。
水分はカビの発生原因ともなるので、ぜんそくやアレルギーといった健康被害も引き起こす原因となります。

防水工事は老朽化が進んだ家だけでなく、実は現代的な家ほど必要です。
戸建て住宅に多い三角の屋根は、シンプルな形状の上、勾配もあるので雨水をスムーズに排水できるデザインとなっています。
反対に屋上が設けられるような平らな屋根は、排水を考えて僅かに勾配がつけられています。
それでも三角屋根に比べれば水が溜まりやすく、排水性能は低いため漏水や雨漏りなどのリスクは高いといえるでしょう。

ベランダやバルコニーの床にも排水のためわずかに勾配がついていますが、壁で囲まれているので極めて水が溜まりやすい構造といえます。
面積が広いほど、漏水や雨漏りなどのリスクが高まります。

ベランダやバルコニー、屋上など、どんなに頑健な防水処理も屋根や外壁の経年劣化と同じく年月の経過とともにゆっくりと劣化していきます。
専門的な防水処理も、ほかの塗装と同様に劣化しし、劣化した表面は塗膜と同じようにひび割れなどを起こします。専用シートによる防水でも、そのシートが劣化していきます。
防水も屋根や外壁と同じように定期的なメンテナンスが必要です。
ベランダやバルコニーは歩行際に気にかけるとよいでしょう。
もし、雨漏りや漏水に気づいたときは早急な対策が必要となります。