板金工事

家屋の板金とは主に、カラーベストやコロニアルなどのスレート系の屋根を留めている金属部分のことを指します。
屋根と屋根の面が合わさる部分を覆い、屋根材を固定し、雨水の浸入を防ぐ役目を担う金属が板金です。

屋根と屋根の面が合わさる山状の部分のことを棟(むね)といいます。
屋根の形状にもよりますが、頂上部分にあるものを「大棟」、その端から四隅へ対角線上に伸びているものを「隅棟」といいます。
大棟や隅棟など、棟は家の中で最も高いところにあることから風の被害に遭いやすい部分といえます。
屋根の上は確認しにくい部分のため、屋根材が浮き上がっている、飛んでいってしまっていた、などの被害に気付かないことが多く、いつの間にか雨漏りしていることもあります。

台風による強風で被害が出ることが多く、その原因は棟板金を固定し、板金を留めるための木材「貫板」の腐食と劣化によるものがほとんどです。
棟板金は貫板に釘で固定されているため、貫板が劣化すると固定する力が弱くなり、風に負けてしまうためです。
棟板金が外れてしまうと、雨漏りに繋がります。

これまでの貫板は木製だったため、雨水が浸入すると腐食や劣化のスピードが早まり、釘を固定する力も弱まることが問題点でした。
しかし最近は水分を吸収せず木製よりも劣化しにくいのが特長のプラスチック樹脂製が登場しています。
また板金を固定する際にはサビに強く、緩みにくいねじ込み式のステンレス製ネジを使用し、強風に強い棟板金が可能となっています。

いざという時に慌てないためにも定期的な点検を心掛けましょう。
一般の方が屋根に上るのは危険ですのから点検は専門の方にお願いすることをおすすめします。