屋根の塗装工事

屋根の塗装工事とは、屋根にペンキを塗ることをいいます。
最近では見た目のキレイさに加えて様々なメリットのために塗装されている方が増えている傾向にあります。

屋根塗装のメリットは主に、棟板金やトタン屋根などの錆の発生を抑える「防錆性の向上」、将来の雨漏りリスクが低減する「防水性の向上」、腐食が防止でき、屋根の葺き替え工事が不要もしくは延期できる「屋根の保護性の向上」、屋根下地部分のカビを抑える「抗菌性の向上」、1年中快適な室温を保つことができる「遮熱性・断熱性の向上」の5つが期待できます。
しかし、塗りすぎによる屋根塗装が原因で雨漏りが発生したり、屋根材と合わない塗料や粗悪な塗料を使用したためにすぐに剥がれてしまう場合もありますので、塗り替えの時期はしっかり考慮したいところです。

塗り替え時期は一般的にスレートは10年、トタンは5~8年といわれています。
しかし、これは塗装メーカーや塗装業者がいっているだけです。
屋根塗装の塗り替え時期は環境や形状の違いによる紫外線と水分が大きく関わっていますから、屋根材や塗料だけは決められないといえるでしょう。
また塗り替えがすでに2回以上行われている屋根では、前回の塗装技術も大きく影響されますから、経過年数だけで塗り替え時期は判断できません。

チョーキング現象といわれる屋根が白くなっている状態が見られるときが塗り替えのサインといえ、塗り替え時期に適しています。
コケやカビが繁殖している状態の場合、屋根材そのものが水分を含んで劣化している可能性が高く、劣化した屋根材に塗装しても短期間で剥げるためあまり意味がありません。
屋根材自体が劣化する前に塗り替えることが大切です。