屋根のカバー工法 (重ね葺き)

屋根カバー工法とは、今の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて覆う、屋根が二重になる方法です。
屋根を重ねて葺くため「重ね葺き」とも呼ばれ、解体工事がほぼ不要なため廃材がほとんど出ないことが一番の特徴です。
解体工事費と廃材処理費が節約できるため葺き替えなどと較べると費用が安くなります。

これまでの建築物にはアスベストを含んだものが多くあります。アスベストを含む建材は解体が難しいため廃材処理費も高額になります。
カバー工法は廃材がほぼ出ないことからこうした屋根にもおすすめです。

また、塗装や葺き替えよりも工期が短いく済むため人件費も抑えられます。
短い期間で通常の生活に戻ることができ、工事中も普段と変わらない生活を送ることができます。
家の大きさにもよりますが、解体工事にかかる時間はたいだい半日程度です。
家の内部を工事することはないため普段の生活への影響はほぼありません。

しかし、カバー工法は瓦屋根には向いていない、太陽光発電の設置も難しくなるなどのデメリットもあります。
また屋根の下地が劣化していた場合、その部分を補修した後にカバー工法を行います。
屋根の下地等が劣化した状態で施行した場合、二重の屋根を剥がさなければならず、余計な手間と費用がかかる場合があります。

耐震性を考えた場合に屋根は軽い方がよいと考えます。
カバー工法ではこれまでの屋根の上に新しく屋根を被せるため、どうしても重量が増えてしまいます。
近年ではなるべく軽量できるよう軽い金属屋根材(ガルバリウム鋼板)がおすすめされています。

カバー工法が向いている屋根、向いていない屋根については専門家に相談するとよいでしょう。