屋根工事とは?

屋根工事は、「屋根塗装工事」と「屋根葺き替え工事」の大きく2つに分けられます。

「屋根塗装工事」とは、専用の洗浄機を使って変色した塗料やホコリなどを取り除き、再び塗料を塗る工事です。
屋根の塗料が劣化すると家全体の見栄えが悪くなります。
塗装工事を行うことで、太陽の光や雨風から屋根をしっかりと守ることができ、屋根の見栄えも見違えるほどキレイになります。
ただし、日本瓦屋根にはこちらの工事は適しておりません。

日本瓦屋根をはじめ、既存の屋根材を新しい屋根材に取り替える場合の工事は「屋根葺き替え工事」と呼びます。
日本瓦を新しい瓦に取り替える工事のほかに、瓦からスレートに変えるなどの種類が異なる屋根材への変更やデザイン性の高い屋根材に葺き替えることもできます。
屋根がボロボロになっているなど、傷み具合によっては屋根材の葺き替えだけでなく、瓦や屋根材の下にある板などを取り替える場合もあります。
年数が経つと屋根材の塗料はもちろんですが、屋根材そのものが劣化していることがあるからです。

屋根材自体が劣化していると、表面の屋根塗装工事だけを行っていても見栄えはきれいになりますが、せっかく塗り直した塗装は剥がれやすくなり、機能も失います。
屋根の変色や劣化をそのままにしておくと、雨漏りが発生する可能性が高くなり、屋根自体の劣化へと繋がります。

屋根は雨風をしのいでくれる、暑さや寒さから守ってくれる、生活空間を快適にしてくれる屋根は、建物の中で最も過酷な環境に晒されている場所ともいえます。
修理をためらっているうちに修理費用も増加してしまうことが大いにありますので、屋根の修理を検討しているときは、まず早めに専門家に状況をチェックすることが最も有効です。
状況さえ把握できれば、工事を行う必要があるかどうかも判明することでしょう。